Loading...
伝統構法による木造建築「鴨川の家」・設計施工:惺々舎
日本家屋の建築家・大工棟梁 深田真
木造伝統構法設計施工 惺々舎


 惺々舎(せいせいしゃ)は伝統構法による木造日本建築の設計から施工まで全ての工程を一貫して行う工務店です。設計から施工まで棟梁自らが全ての工程をひとつひとつ心を込めて行います。
 自然の素材で丹精を込めて作られたものは時と共に味わいを増し、末永く住む人の心を安らかにしてくれます。
 自然と共生したひと昔前のもの作りの思いと知恵が、未来へと受け継がれて行くことを願っています。

 惺々舎は全国どちらへでも出張施工しております。

惺々舎主宰 大工棟梁
深田 真

木造伝統工法の木組み構造と竹小舞-峠田の家-設計施工 惺々舎


惺々舎の家造り


 丁寧に作られた美しくやさしい昔の日本家屋。それは、木や土や石が気持ちよいと思えるように、大地や森や川や生き物たちが気持ちよいと思えるように、そんな風に身のまわりのありように思いを寄せながら作られていました。
 惺々舎は、そんなひと昔前のもの作りの思いを大切にしながら家を建てる小さな工務店です。特別なことをするのではなく、ただ自然の摂理に添ってものを作ります。

 かつての日本人は「自然と神仏の中で生かされている」という世界観の中で暮らしていました。それは、木や草花のささやかな声を聞き取る力や、見えないものを感じる感受性を古人が持っていたからでした。そして、家を建てる時も、衣服や食事や生活用具を作る時も、祈りの心を持ってひとつひとつ新しい命を生み出していました。
 そのように作られた日本家屋には、構造に於いても空間構成に於いても受け継がれて来たひとつの「型」があり、失われることなく今もこの国の片隅に残っています。それは自然と人間の力を共生させる術であり、自然の中に秘められた生命力を怖れ敬い大切に扱うことによって、自ずから温もりや安らぎ、普遍的な芸術性や調和感といった恩恵をもたらします。その「型」が尊重され継承されて来た理由は、確かな基層に立脚した古人の豊かな内的世界がそこに投影されていたからであり、「自然を大切に扱うことこそが人間を幸福へと導く」という理を共有していたからでした。

 私の生まれた家は昭和初期に建てられた趣のある木造日本家屋でした。戦争で大分痛んではいましたが、私は幼い頃その家で座敷童と共に幸福な子供の時を過ごしました。その家も今は失われましたが、昭和三十年代頃までは、東京にもまだそんな家が沢山残っていたのです。私はその頃の手触りの感覚、仄かな記憶を頼りに家を建てています。そしてその大切なものが未来へと受け継がれることを願っています。
木造伝統構法の構造俯瞰図面-鴨川の家-設計施工 惺々舎


木造伝統構法の技術思想


 伝統構法とは、長い年月を掛けて培われた、先人の叡智の結晶である木組みの柔構造。適材適所に配置された杉、桧、松、栗等の木材。昔ながらの仕口と継手。御影石の礎石に石場建て。棟梁が計画全体を構想・設計し、自らの手で木を刻み、諸職と共にひとつの建築をまとめ上げること。作法を守り、やるべきことをひとつひとつ確実に積み重ねること。
 この構法の原則は、素材である「木」の立場に寄り添うことですから、自ずから「木」の長所と特性が最大限発揮される柔構造が構成されます。柔構造は、木構造全体を複雑に絡み合わせ、応力を分散し全体で受け入れる構造です。その要は「差鴨居」「足固め」「通し貫」であり、横架材相互の仕口は、原則として「相欠き渡り顎」を用います。壁は竹小舞を下地とした土壁。そして外力に対しては、礎石上に於いて木構造だけで自律した振る舞いをするように構築することが前提です。

 構造材は、負担する力の大きさ・方向・役割によって最低でも十数種類の断面寸法の木材を使用しますので、それらを組み合わせる仕口のほとんどは異なる寸法・形状となり墨付けは複雑なものとなります。またほとんどの構造材は完成後も隠れることのない「あらわし」となるため、「刻み」段階から仕上がりまでを想定した繊細な配慮と精度の高さ、丁寧な扱いが要求され、建前までに大工の重要な仕事のほぼすべてが行われることになります。

 伝統構法は手間が掛かる手法ではありますが、そのプロセスそのものが建築に生命力を付与する上で大切なものであり、あくまでも人と木の喜びが共にあることを願う「人間と自然の関係が幸福に持続するための技術思想」によって成立しています。これを有効に実行するためには設計と施工を分離することなく、かつてそうであったように、日々木に触れ木から学び構造全体を身体感覚に照らしてまるごと掴む能力を持った棟梁が設計を行い、自然の摂理に添った技術思想そのままに心を込めた丁寧な墨付けと加工を施すこと。つまり棟梁の自然に対する謙虚さと誠実さこそが伝統構法の生命線であり、そのことによって優れた美しい木造建築を生み出すことができるのです。

深田 真

木造伝統工法の丸太地組-大工作業場-設計施工 惺々舎